長崎 アンチ観光アンチ旅

旅好きだけど金がない。ならば地元を旅しようw の精神でこのブログ始めました! 来崎される皆さんの役に立てれば幸いです!

稲佐国際墓地 めぐり 稲佐橋スタート編

 

f:id:matu-koug:20180306012034j:plain

 

稲佐国際墓地 めぐり 稲佐橋スタート編

 

おんちゃス。

3月上旬の温度差が激しい三寒四温にやられて風邪気味の松浩Gです。

 

特に今年は温度差が激しい様な気がします。

快晴かと思いきや、翌日は大雨とか。

 

 

さて今回は長崎3大国際墓地の1つ、稲佐国際墓地をご紹介したいと思います。

行ってみて初めて知ったんですが、どうも正式名称は稲佐悟真寺国際墓地(いなさ ごしんじ こくさいぼち)と言うらしいです。

 

悟真寺という寺は、この周辺の大地主とか何とか…w

 

多分、この国際墓地の土地もこの寺の持ち物だと思われます。

 

 

【データ】

長崎駅~稲佐国際墓地

 

歩数    約2040歩

時間    約25分

 

長崎バス  悟真寺前行き    乗車

      終点、悟真寺前   降車

              150円

 

です。

 

稲佐国際墓地は主に、中国、露西亜(ロシア)、阿蘭陀(オランダ)の他、葡萄牙ポルトガル)、英国、米国の人達の墓があります。

隣の敷地には日本人の墓もありますよ。

  

ここでは稲佐橋交差点からスタートします。

 

長崎駅からの道のりは

長崎ロープウェイ 行き方-スマホVer

へ戻ってみて下さい。徒歩の道順を載せてます。

 

※この日は雨だったんでご了承下さい。でも風情があってなかなかいいモンですよ。

 

    

f:id:matu-koug:20180306020819j:plain

△稲佐橋の信号渡って見上げると標識があります。

 

f:id:matu-koug:20180306020927j:plain

△この道を上って行きますよ。

 

f:id:matu-koug:20180327150155j:plain

△このカステラ屋さん、郵便局を目印に…

 

f:id:matu-koug:20180306021054j:plain

△左へ曲がります。

 

f:id:matu-koug:20180306021252j:plain

△ちゃんと標識もありますよ。

 

f:id:matu-koug:20180327150547j:plain

f:id:matu-koug:20180327150745j:plain

f:id:matu-koug:20180306021451j:plain

△下って上って進。

 

f:id:matu-koug:20180327151215j:plain

△この信号を渡ります。因みに信号の先にあった食堂のちゃんぽんは今でも長崎一!だと思ってます。残念ながら閉店しましたケドw

 

f:id:matu-koug:20180327151925j:plain

△この信号を右に曲がると稲佐山登山道です! 霧に隠れてますケド稲佐山が見えます。 近いうち作りますね!

 

 

f:id:matu-koug:20180306021732j:plain

△で、稲佐国際墓地へは信号を渡って真っ直ぐです。

 

f:id:matu-koug:20180306022145j:plain

△すると標識の下に何やら怪しい石造りが!w

 

f:id:matu-koug:20180306022738j:plain

△江戸時代、この辺はこんな感じだったらしいッスw。 あとこの石造りは中国式の祭壇だったそうですよ。

 

f:id:matu-koug:20180306022944j:plain

△で、標識通りに進むと着きました。稲佐国際墓地です。 5、6月頃っスかね、この池は蓮、睡蓮でいっぱいになりますよw

 

f:id:matu-koug:20180306023302j:plain

△説明板。 恐らく直接朝日が当たるんでしょう!分かりません!w

 

f:id:matu-koug:20180306023915j:plain

△では入ってみます。 ここは他の国際墓地と違って時間制限はありません。左右の墓石は中国人墓地です。

 

f:id:matu-koug:20180306024856j:plain

△いい雰囲気です。

 

f:id:matu-koug:20180306044425j:plain

△整然としています。

 

f:id:matu-koug:20180306025828j:plain

△左側にある門を開け一礼し、アーチをくぐって進みましょう。

 

f:id:matu-koug:20180306025053j:plain

△ここは色んな国の人達が眠ってました。みんな結構若くして亡くなってるんですね。一番下は3歳でした。

 

f:id:matu-koug:20180306025414j:plain

△さらに進むと素敵な細道を通って行くと広場の中に建物が。多分中国の祭壇かと。

 

f:id:matu-koug:20180306030010j:plain

△中央道路へ戻りちょい上るとロシア人墓地です。

 

f:id:matu-koug:20180306030146j:plain

△いいですねw

 

f:id:matu-koug:20180306030240j:plain

△いい金属音です。 一礼して中へ。

 

f:id:matu-koug:20180306030602j:plain

△そういえば昔ゴルバチョフさんが来たとか何とか。 じゃあプーチンさんは来ませんねw

 

f:id:matu-koug:20180306030812j:plain

△恐らく全員の名前じゃないッスかね。

 

f:id:matu-koug:20180306030920j:plain

△ロシア人の敷地は3段に分かれてます。

 

f:id:matu-koug:20180306031124j:plain

△ちと造りが違う感じがします。

 

f:id:matu-koug:20180306031247j:plain

△ロシア人敷地の下はオランダ人墓地になってます。この横に出口があるんですが、鍵がかかって出れませんでした。オランダ人墓地は後から行ってみましょう。

 

f:id:matu-koug:20180306031443j:plain

△オランダ人の墓石。英語じゃないッスねw

 

f:id:matu-koug:20180306031602j:plain

△入口付近へ戻って2段目へ。

 

f:id:matu-koug:20180306031911j:plain

△上るとスグにあるモニュメント。 連合艦隊司令長官東郷平八郎大将のひ孫さんが寄贈したとか何とかw バルチック艦隊の人達もいるんスかね。

 

f:id:matu-koug:20180306032302j:plain

△奥に見えるのがロシア正教会のチャペルです。行ってみましょう。

 

f:id:matu-koug:20180306033149j:plain

△ここは船員さんが多いんスかね。

 

f:id:matu-koug:20180306032441j:plain

ロシア正教チャペル。カトリックとは違いますね。 ロシア語で何と言うんだろう。

 

f:id:matu-koug:20180306032735j:plain

△チャペル入口の上にあったロシア正教マリアさん⁉ 残念ながら施錠されていて中には入れませんでした。

 

f:id:matu-koug:20180306032949j:plain

△チャペルの前にあるモニュメント。 カッコいい!

 

f:id:matu-koug:20180306033105j:plain

△3段目へ上ります。

 

f:id:matu-koug:20180306033445j:plain

△お花が飾ってあります。 管理者とは別に今でもお参りされてる方がいるんスね。

 

f:id:matu-koug:20180306033636j:plain

△やはり3段目、1番上となると墓石がグレードアップしますw

 

f:id:matu-koug:20180306033800j:plain

△ココが一番奥です。写真付き多数。 1番大きいのはドンスコイ号艦長、レーベゼフ大佐。旧式巡洋艦で友軍の為、勇敢に闘ったとか何とか。

 

f:id:matu-koug:20180306034445j:plain

△では敷地をでます。 一礼してキチンと閉めましょう! 今でもキレイにしてました。 秋田犬よりコッチでしょ!w

 

f:id:matu-koug:20180306034735j:plain

△再び中央を上へのぼってみます。

 

f:id:matu-koug:20180306034907j:plain

△国際墓地も日本の墓と同じく無縁仏が増えてきてるみたいッスね。

 

f:id:matu-koug:20180306035057j:plain

△上の方は比較的新しい中国の方々の墓でした。

 

f:id:matu-koug:20180306035255j:plain

△上りきると稲佐山登山道に出ます。 進むと稲佐山展望台に出ます。まぁ、かなり遠いッスけどねw

 

f:id:matu-koug:20180306035444j:plain

△なかなかの激坂です。 でも普通にバスは通りますw

 

f:id:matu-koug:20180327152753j:plain

△オランダ人墓地へ行ってみます。国際墓地の入り口に戻って、池に掛かる橋から右側に進へ進みましょう。

 

f:id:matu-koug:20180327153052j:plain

△ここを右です。

 

f:id:matu-koug:20180306035747j:plain

△このお地蔵さんの横を通れば…

 

f:id:matu-koug:20180306040143j:plain

△しかしここはガッチリ施錠されて入れませんでした。 著名な人から遊女が恋人の為に立てた墓もあるとか。 何時の世も、色恋沙汰は泣けますね。w

 

f:id:matu-koug:20180306040609j:plain

△その先には江戸時代、ロシア人の通訳をした人の立派な墓がありました。 他にも沢山江戸時代の日本人墓があるんで見て回っても面白いッスよw

 

f:id:matu-koug:20180306040955j:plain

△で、先程の分かれ道えお左に進むと赤門で知られてる悟真寺に出ます。

 

f:id:matu-koug:20180327153526j:plain

 

f:id:matu-koug:20180327153427j:plain

 

f:id:matu-koug:20180306041225j:plain

△悟真寺から世界遺産JCRCが見えますよ!w

 

 

以上です。

 

専用駐車場はなかったですが、少し離れたトコに民間駐車場がありました。

トイレはスグ近くにありましたし、自販機、少し歩けばスーパー、コンビニ、中華食堂なんかもあったので、その辺は心配いらないと思います。

 

 

稲佐国際墓地の徒歩圏内には

 

ザックリ 長崎ロープウェイ乗り場

 

長崎ロープウェイ乗り場 夜めぐり

 

ちと遠いですケド、

 

稲佐山登山道~稲佐山

飽の浦

立神

立神めぐり

 

何かがありますよ。

是非行ってみて下さい!

 

個人的なんですが、ロシア人墓地を見回ってると、どこからかチャイコフスキー先生の「Serenade」が聞こえてきた様な気がしました。

それとなぜかあのお騒がせユニット、t.A.T.uの「Nas Da Nyagonya」が聞きたくなりましたw

…って誰も知らんかw

 

因みに墓地の真ん中を通る通路、割りと遅い時間でも普通に人が通ってますよw

 

以前わたくしも行った事あるんですが、BIOHAZARDの1作目、森の中にゾンビが1体立っているシーンを思い出しましたw 

 

見て頂いた皆さん、ありがとうございました!

何か分からないトコがありましたら、コメント下さい。

 

過去ブログもチョコチョコ追記、加筆してるんでよろしくお願いします!

でもコレ、行き方と墓の紹介を分けなきゃいけませんねw

 

 

 松浩G

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、あとすぐ近くにあの人の実家があるって事には一切ふれませんよwww