長崎 アンチ観光アンチ旅

旅好きだけど金がない。ならば地元を旅しようw の精神でこのブログ始めました! 来崎される皆さんの役に立てれば幸いです!

長崎 心田庵 行き方 諏訪神社出発!

 

 

f:id:matu-koug:20181103032738j:plain

長崎 心田庵 行き方 諏訪神社出発!

 

【データ】

諏訪神社前 ➡ 心田庵

歩数  1,205歩

時間  13分

 

<心田庵 秋の一般公開>

2018、平成30年度

期間 11月22日(木)~12月11日(火)

時間 9:00~17:00(最終入場16:30)

料金 大人300円 高校生以下無料

   抹茶500円

 

 

おんちゃス。

11月に入りすっかり秋めいてまいりました。

秋と言えば「紅葉」。

今回はそんな紅葉シーズンに合わせて一般公開される「心田庵」への行き方を写真に簡単な説明を付けてご紹介します。

 

「心田庵」

ザックリ説明すると

今から358年前の1660年頃、江戸時代初期に建築された唐通事(とうつうじ)、何兆晋(がちょうしん)の別荘。

唐通事とは今で言うと中国語の翻訳家。当時は国家にとって非常に大事な役職だったとか。

なので当時、唯一世界に開かれていた長崎には唐通事、阿蘭陀通事の墓や建物跡が結構残ってます。

その中の現存する建物って訳ですね。

現在は長崎市が指定する史跡になっていて普段は未公開。1年に2回、春と秋に一般公開してます。

 

では前置きはこれくらいにして早速、諏訪神社前からスタートしましょう!

その前に一応、長崎駅諏訪神社 への行き方も貼っときます。

長崎 諏訪神社 行き方 長崎駅出発!

 

では確認が取れましたらいよいよ出発です!!

 

先ずは諏訪神社、一の鳥居前。

f:id:matu-koug:20181103034029j:plain

 

道路を向いたら左へ進。横断歩道を目指します。

f:id:matu-koug:20181103034316j:plain

 

渡ります。そして正面に見える商店街、新大工町商店街の中へ。

f:id:matu-koug:20181103034547j:plain

 

真っ直ぐ進。この先はシーボルト宅があるのでシーボルト通りとなってます。

f:id:matu-koug:20181103034742j:plain

 

途中にある案内板。

f:id:matu-koug:20181103040419j:plain

わたくしこの後、ネタになると思い「龍馬の道」をここから大浦の「小曽根邸跡」まで歩き 看板ナンバー#45まで探したんですが、残念ながら#1と#14、#45しか確認できず!!
面白い事 書いてたんでしょうケドねw
撤去なら、坂本ブランド無駄遣いwww

 

 

この百貨店、かつては長崎でも有数の集客があったとか。今は閉店して解体前らしいッス。時代でしょうな、これも。

f:id:matu-koug:20181103035116j:plain

 

そしてこのシーボルト通りを抜けると…

f:id:matu-koug:20181103035546j:plain

 

交差点の右奥にこんな石碑が。ここから北九州・小倉まで続く「長崎街道」の始まりです。

この奥にシーボルト宅跡・シーボルト記念館がありますよ。

f:id:matu-koug:20181103035721j:plain

 

歴史上の錚々たる人物に加え、なんとラクダ・象も通ったとか!!

f:id:matu-koug:20181103040110j:plain

 

そしてこの石碑、案内板のある場所から左の道へ!

f:id:matu-koug:20181103041838j:plain

 

進。右にある石垣の上には…

f:id:matu-koug:20181103041950j:plain

 

神社があります。奥が桜馬場天満宮、手前が熊谷稲荷神社。旅の無事を祈願して有名人達も立ち寄ったハズです!!

f:id:matu-koug:20181103042756j:plain

 

お参りしたら進。因みに左の溝が素晴らしいです。江戸時代のモノかと。

f:id:matu-koug:20181103043038j:plain

 

右に長崎の基礎を作った漢学者、西動仙が書いた石碑があります。今んトコ、解読した人は誰もいないとか。

f:id:matu-koug:20181103044841j:plain

f:id:matu-koug:20181103044945j:plain

 

解読にチャレンジしたら再び心田庵へ。この通り、レトロな家がまたオシャレ!

f:id:matu-koug:20181103045144j:plain

 

そしてこの先のカーブを曲がると…

f:id:matu-koug:20181103045240j:plain

 

トッポ水と夫婦川観音堂が見えます。

f:id:matu-koug:20181103045536j:plain

 

折角なんでちと寄り道。

f:id:matu-koug:20181103050017j:plain

 

漢字はこう書くんですね。始まりはあの弘法大師です。凄いッスねw この水、以前は飲めたそうですが今はダメ! 濁ってます。

f:id:matu-koug:20181103050357j:plain

f:id:matu-koug:20181103050531j:plain

 

では上の夫婦川観音堂へ。

f:id:matu-koug:20181103050957j:plain

f:id:matu-koug:20181103051111j:plain

f:id:matu-koug:20181103051219j:plain

この観音堂、1679年に出来たそうです。

実はわたくし、春に立ち寄った事があるんですが地域の皆さんから「だいも食べんけん持っていかんね!」とポケットの中にお菓子やアメを詰め込まれスゴイお接待を受けましたw

その節は皆さん、御世話になりました!!

もちろん今回もチャリンとやってきましたよw

 

 

では心田庵へ。石垣は江戸時代のものかと。当時は住宅街だったんでしょうね。

f:id:matu-koug:20181103052327j:plain

f:id:matu-koug:20181103052436j:plain

f:id:matu-koug:20181103052601j:plain

f:id:matu-koug:20181103052707j:plain

f:id:matu-koug:20181103052818j:plain

 

右の電信柱に注目です!

f:id:matu-koug:20181103052928j:plain

 

案内通り右へ。

f:id:matu-koug:20181103053044j:plain

 

進。恐らく道幅は江戸時代のままです。この横の溝もそのままでしょうね。

f:id:matu-koug:20181103053150j:plain

 

階段を上って左へ。

f:id:matu-koug:20181103053250j:plain

 

進。左脇の石の仕切りも素晴らしい! 

f:id:matu-koug:20181103053351j:plain

 

右上へ!

f:id:matu-koug:20181103053531j:plain

 

到着しました。「心田庵」です! 

f:id:matu-koug:20181103053647j:plain

f:id:matu-koug:20181103053753j:plain

f:id:matu-koug:20181103053907j:plain

f:id:matu-koug:20181103053954j:plain

 

以上、心田庵への行き方でした!

撮影に行った日は11月の始めだったので、当然公開はしてませんでした。

なのでこの時点で紅葉がどれ位なのか、石垣の回りを歩いてみます。

 

上にあったもみじ⁉ 色づき始めてました。

f:id:matu-koug:20181103054411j:plain

f:id:matu-koug:20181103054604j:plain

f:id:matu-koug:20181103054708j:plain

f:id:matu-koug:20181103054819j:plain

f:id:matu-koug:20181103055106j:plain

周りはこんな感じでした。

他、周辺を歩き回ってみると江戸時代の石垣がかなり残ってました。

お時間に余裕があれば見て回るのもいいカモしれません。

当時の雰囲気を感じることが出来ますよ!

 

え~、実はわたくし、一度も心田庵の中に入った事ありませんw

入口まで行った事はあるんスけどね。

なので今年は公開されたら行く予定にしてます。

その時はまた追記致します。

 

 

では皆さん、諏訪神社にお参りして 新大工商店街➡桜馬場天満宮➡長崎祀記碑➡独鈷水 と寄り道しながら心田庵へ行ってみて下さい。

一般公開は11月22日(木)~12月11日(火)の期間ですよ!

 

念のためもう一度、長崎駅から諏訪神社への行き方を貼っときます。

長崎 諏訪神社 行き方 長崎駅出発!

 

 

因みに来年春の公開予定は4月中旬です!

 

今回も見てくれた皆さん、

使ってくれた皆さん、ありがとうございました!

 

 

松浩G