長崎 アンチ観光アンチ旅

旅好きだけど金がない。ならば地元を旅しようw の精神でこのブログ始めました! 来崎される皆さんの役に立てれば幸いです!

ザックリ 長崎 眼鏡橋 周辺

 

 

f:id:matu-koug:20180420164258j:plain

 

ザックリ 長崎 眼鏡橋 周辺

 

ここのページではザックリとした眼鏡橋周辺の写真と説明を載せるんで、変な挨拶は省きます。

 

このページから入られた方はこちらに戻ってみて下さい。長崎駅からの道筋を写真で紹介で紹介しています。

長崎 眼鏡橋 行き方 -スマホver.-

 

一応、観光地としては「眼鏡橋」が一番有名ですが、冒頭の写真の通りこの周辺は

「中島川 石橋群」となってる様です。

 

 

では、早速眼鏡橋前からです!

 

眼鏡橋。 階段状になってるトコに何故か大量の硬貨が。多分、何も叶わないと思いますw

f:id:matu-koug:20180420170745j:plain

 

では、中島川の上流へ行ってみましょう!

f:id:matu-koug:20180420171148j:plain

 

 先ずは魚市橋(うおいちばし)。下に降りれます。

f:id:matu-koug:20180420171322j:plain

 

東新橋(ひがししんばし)。しだれ柳がカッコいいッス!

f:id:matu-koug:20180420171621j:plain

 

芋原橋(すすきはらばし)。車が通れます。

f:id:matu-koug:20180420171824j:plain

 

一覧橋(いちらんばし)。ここは夜になるとライトアップされますよ。 

f:id:matu-koug:20180420172050j:plain

 

古町橋(ふるまちばし)。階段付きです。 

f:id:matu-koug:20180420172800j:plain

 

編笠橋(あみがさばし)。この辺から川の様子が変わってきます。

f:id:matu-koug:20180420173004j:plain

 

井手橋(おおいでばし)。ここも車が渡れます。 

f:id:matu-koug:20180420173120j:plain

 

ここで河川整備が終わってます。因みに左右にず~っとある欄干も素敵です! 

f:id:matu-koug:20180420173246j:plain

 

 先へ進むと下る階段があります。が、ここは後からまた来ます。

f:id:matu-koug:20180420173542j:plain

 

桃渓橋(ももたにばし)。こじんまりとしてカッコいい! 

f:id:matu-koug:20180420173706j:plain

 

そのまま進むと大きな通りに出ます。 

f:id:matu-koug:20180421203835j:plain

 

左の奥に見える鳥居が「諏訪神社」です。この下の地下道には、唐子絵で有名な野田輝雄先生が描かれた長崎くんちの絵があります。面白いですよ。 

f:id:matu-koug:20180421205155j:plain

 

スグ右にあるのが鎮西橋(ちんぜいばし)。

f:id:matu-koug:20180421205630j:plain

 

鎮西橋を渡って川の方へ戻ります。

f:id:matu-koug:20180421205807j:plain

 

鎮西橋を振り返ります。 この橋は新しく作り直してるみたいッスね。

f:id:matu-koug:20180421205847j:plain

 

桃渓橋を渡ります。昔の雰囲気が残ってますね。 

f:id:matu-koug:20180421210653j:plain

f:id:matu-koug:20180421210732j:plain

 

出来大工町不動堂横の階段まで戻ります。 この不動堂、面白い像がありますよ!

f:id:matu-koug:20180421211226j:plain

 

下ってみます。

f:id:matu-koug:20180421211413j:plain

 

が、前日の雨で川の水が増水! 渡るのは断念しましたが普段は渡れます。

f:id:matu-koug:20180421211511j:plain

 

では渡った体でw 階段を上ります。

f:id:matu-koug:20180421211705j:plain

 

戻ります。 う~ん、欄干が素敵! 

f:id:matu-koug:20180421211815j:plain

 

戻ってきて大出橋。 

f:id:matu-koug:20180421211911j:plain

 

編笠橋。

f:id:matu-koug:20180421212120j:plain

 

スグそばには中華料理店があります。

f:id:matu-koug:20180421212235j:plain

 

古町橋。 

f:id:matu-koug:20180421212351j:plain

 

一覧橋。 

f:id:matu-koug:20180421212445j:plain

 

芋原橋。 

f:id:matu-koug:20180421212543j:plain

 

東新橋。 

f:id:matu-koug:20180421212627j:plain

 

魚市橋。

f:id:matu-koug:20180421212716j:plain

 

で、眼鏡橋です。 

f:id:matu-koug:20180421212804j:plain

 

袋橋(ふくろばし)。

f:id:matu-koug:20180421212903j:plain

 

常盤橋(ときわばし)。 この橋を渡って眼鏡橋へ戻ります。 

f:id:matu-koug:20180421213023j:plain

f:id:matu-koug:20180421213108j:plain

 

ここの先は賑橋➡万橋➡鐵橋や➡中央橋から「出島」になります。 

f:id:matu-koug:20180421213256j:plain

 

ちょっとした遊具もあります。

f:id:matu-koug:20180421213638j:plain

 

袋橋。 

f:id:matu-koug:20180421213733j:plain

 

眼鏡橋に戻ります。因みに噂のハートストーン、わたくしは見つけられませんでしたw 

f:id:matu-koug:20180421213823j:plain

 

眼鏡橋。恐らく坂本龍馬も通ったと思います。

f:id:matu-koug:20180421214011j:plain

眼鏡橋を渡ってまっすぐ行くと、寺町通り➡亀山社中祈念館➡風頭公園に行けますよ。

 

そんな亀山社中祈念館 ➡ 風頭公園への行き方はこちらです。

長崎 風頭公園 行き方 眼鏡橋出発!

 

 

眼鏡橋を中心とした石橋群、存在自体は知ってたんですが改めて観光気分で来てみるとなかなか面白い場所でした。

 

この中島川 石橋群は1982年に起きた長崎大水害でだいぶ壊れたみたいですが、眼鏡橋は壊れずにいたとか。

その大水害が原因で中島川は幅を広げたり流れを変えたりして当時とはだいぶ変わってしまい、石橋自体も川に合わせて補強したり車が通れるようにしたりと変わったそうです。

が、基本的な石造りなどは変わってないそうなので、江戸時代からある石橋群をゆっくり見て回るのもいいですよ。

 

オススメは夕方~夜です。人も少なく、ライトアップされてて面白いですよ。

 

夜バージョンもあるんで見比べてみて下さい。

長崎 眼鏡橋 周辺 夜めぐり

 

 

見てくれた皆さん、ありがとうございました。

 

色々やってみますんで、また宜しくお願い致します!

 

<追記>

眼鏡橋の秘密。

これがクッション役になってるのか?w

f:id:matu-koug:20180423034518j:plain

 

 

松浩G