長崎 アンチ観光アンチ旅

旅好きだけど金がない。ならば地元を旅しようw の精神でこのブログ始めました! 来崎される皆さんの役に立てれば幸いです!

ザックリ 長崎ロープウェイ乗り場

 

 

f:id:matu-koug:20180401183135j:plain

ザックリ 長崎 ロープウェイ乗り場

 

ここではザックリとした長崎ロープウェイ乗り場の周辺写真を載せてるんで、毎度毎度の変な挨拶は省きます。

待ち時間、帰ってきた後にでも見て回って下さい。

 

このページから入られた方は

長崎 ロープウェイ乗り場・稲佐山方面 行き方

へ戻ってみて下さい。長崎駅からの道筋を写真で紹介しています。

 

新しく作ったスマホver.もありますよ。

長崎 ロープウェイ乗り場 行き方 -スマホver.-

 

 

では、淵神社の一の鳥居からスタートです。

 

淵神社参道を上ります。 

f:id:matu-koug:20180401182141j:plain

 

奥の坂道からも行けますが、遠回りになりますし、時間帯でバス・車が多くなります。因みに石垣より下は昔、海でしたw 

f:id:matu-koug:20180401182224j:plain

 

二の鳥居に入る前に… 

f:id:matu-koug:20180401182410j:plain

 

コレに注意して下さい! 旗を固定する的な金具です。わたくし、引っ掛かりましたw 

f:id:matu-koug:20180401182609j:plain

 

上ったら後は参道を真っ直ぐ進。右は幼稚園になります。 

f:id:matu-koug:20180401182910j:plain

 

正面に見えてきたのが淵神社です。 

f:id:matu-koug:20180401183033j:plain

 

左へ進んで… 

f:id:matu-koug:20180401183514j:plain

 

御手水(おちょうず)の横を進めばロープウェイ乗り場です。 

f:id:matu-koug:20180401183615j:plain

 

残念ながらまだ閉まってましたw 営業時間は9:00~22:00です。 

f:id:matu-koug:20180401183749j:plain

 

少し乗り場周辺を回ってみます。奥に見えるのがロープウェイ本体です。詳しい事は添乗員?の方が説明してくれますよ。 

f:id:matu-koug:20180401184137j:plain

 

ここをグ~ンと上って行きます。約5分間の空中散歩です。 

f:id:matu-koug:20180401184446j:plain

 

神社の境内なんで外国人観光客は喜びそうですね。 

f:id:matu-koug:20180401184615j:plain

 

コレは十二支の対面を祭ってるらしい祠です。ご自身の干支をお参りすると効果テキメン!

f:id:matu-koug:20180401184644j:plain

 

この本社で心を込めて柏手を打つと蝋燭の炎が揺れる…と町歩きの達人が仰ってました。家族、パートナーを驚かせてあげましょう!w 

f:id:matu-koug:20180401184723j:plain

 

この土俵、今時珍しいです。覆いを取っておけば外国人観光客は喜ぶと思うケド、色々あるんでしょう。土俵は神聖なモノですからね。ゴタゴタはいけませんw 

f:id:matu-koug:20180401184801j:plain

 

御手水の龍がカッコいいw 

f:id:matu-koug:20180401184948j:plain

 

とまぁ、見て回ってるうちに乗り場が開きました。 

f:id:matu-koug:20180401190042j:plain

 

 

ココから先、あとはあなたのフリーダム。

是非ロープウェイでの空中散歩、そして稲佐山からの景色を楽しんで下さい!

 

やはり午前中が一番人は少ないかなと。

昼間、空いてる時はあるんですが、団体などが入ると大変な事になるみたいです。

 

あと夜は夕方~20:30過ぎまで週末・休日、連休などは結構お客さん多いです。

でもロープウェイは休憩なし、文字通りピストン輸送に近い感じだったので、何時間も待つ…って事はなかったですよ。

折角なら『世界三大夜景』『日本新三大夜景』を見てみたいですしね。

 

夜はこんな感じっスw 30数人は乗れるらしいです。 

f:id:matu-koug:20180401181143j:plain

 

 

徒歩圏内には

稲佐国際墓地

稲佐国際墓地 めぐり

 

なんかがありますよ。

 

徒歩でも行けない事はないんで近いうち登山道のページを作ってみますね。

 

 

季刊誌 樂(らく)ra-ku 35号 (2017) 長崎の山をめぐる

新品価格
¥1,080から
(2018/10/12 05:31時点)

松浩G