長崎 アンチ観光アンチ旅

旅好きだけど金がない。ならば地元を旅しようw の精神でこのブログ始めました! 来崎される皆さんの役に立てれば幸いです!

オランダ坂・東山手 めぐり

 

f:id:matu-koug:20180322204306j:plain

 

オランダ坂・東山手 めぐり

 

おんちゃス。

 

 

さて、今回は長崎観光地のメインの1つでもある「オランダ坂」からもう一つの「オランダ坂」、そして「東山手洋風住宅群」、最後は「孔子廊・中国博物館」をめぐってみます。

丁度この日は雨だったので延期しようと思いましたが、石畳は雨に映えるんで、撮影しに行ってきました。

 

アンチ観光アンチ旅と言ってる割りには大御所観光地ばっかりジャン!

と、本来の趣旨と違ってきてるなぁ…と把握してるんですが、あくまでも ”参考” という感じで見てもらえたら嬉しいッスw

 

一応出発地点は、大浦海岸通りの標識下としてます。

このページから入られた方は

大浦天主堂・グラバー園 行き方 長崎駅出発編

 

へ戻ってみて下さい。長崎駅からの道筋を写真で紹介で紹介しています。

 

 

今回も詳しく撮ると、楽しみが半減するのでザッと撮影しました。

別にコレが決まったコース…という訳じゃないので寄り道・見学・ジックリ撮影、全然OKですよ!

 

因みに濡れた石畳は靴によっては滑るので気を付けて下さいw

 

では。

 

f:id:matu-koug:20180320202853j:plain

△長崎港が見える大浦海岸通りにあるこの標識下からスタートです。

 

f:id:matu-koug:20180320203042j:plain

△左を見るとすぐオランダ坂入口です。 ココ、結構車・人の往来が多いです。

 

f:id:matu-koug:20180320203349j:plain

△入口にある左右の道はオランダ通り・居留地商店街です。色々あって結構おもしろいですよ。

 

f:id:matu-koug:20180320203639j:plain

△右へ進むと大浦天主堂グラバー園

 

f:id:matu-koug:20180320203758j:plain

△左へ行くと中華街、行こか戻ろか思案橋。 結構近いッスw

 

f:id:matu-koug:20180320204056j:plain

△で、そのまま上るとオランダ坂です。 正面の洋館は確かカフェだったと思います。

 

f:id:matu-koug:20180320204432j:plain

△見学・撮影が終わったら、下の道を進みます。

ココ、結構車が通るので気を付けて下さいね。

 

f:id:matu-koug:20180322204401j:plain

△この辺の洋館は見学できますよ。

 

f:id:matu-koug:20180320204630j:plain

△このノミ跡がある欄干?手すりのカーブが素晴らしいッスw 幕末~明治のまんまだと思います。当時、恐らくこの下は海だったかと。

 

f:id:matu-koug:20180320204934j:plain

△この階段を下りて進むと孔子廊です。 直接行かれる方はココからが近いです。フw

 

f:id:matu-koug:20180320205452j:plain

△もう1つのオランダ坂、洋館群へはそのまま進。

 

f:id:matu-koug:20180320205657j:plain

△洋風な中にもお堂がありますw 不動明王的な感じがカッコいいッス!

 

f:id:matu-koug:20180320205852j:plain

△まっすぐ進。

 

f:id:matu-koug:20180320205954j:plain

△このグィ~ッとヘアピンの上は大学があります。因みにこの敷石が斜めになってるのは、水ハケを良くする為らしいッス。あと奥の溝も見て下さい。

 

f:id:matu-koug:20180322204525j:plain

 △素晴らしい三角溝になってます。

 

f:id:matu-koug:20180320210339j:plain

△石垣が素晴らしい‼ この上は現在高校ですが、かつては日本初のプロテスタント教会があったそうです。レンガも当時のままかと。

 

f:id:matu-koug:20180320210548j:plain

△この下が東山手洋風住宅群。奥に見えるのが大浦です。コレ、花が咲いてたらインスタ映えしますよw

 

f:id:matu-koug:20180320211049j:plain

△スグに見えるのがもう1つのオランダ坂です。昔は外国人を総称してオランダさんと呼んでたらしいです。でオランダさんが沢山いるからオランダ坂。 結構な角度なんで気を付けて!

 

f:id:matu-koug:20180320211712j:plain

△で、ココを右に進むと…

 

f:id:matu-koug:20180320211806j:plain

△洋風住宅群です。

 

f:id:matu-koug:20180320212050j:plain

△ワールドフーズレストランや資料館になってます。

 

f:id:matu-koug:20180322204736j:plain

△残念ながらこの日はお休みでした…w 

 

f:id:matu-koug:20180320212647j:plain

△奥の階段から下の住宅群へ。

 

f:id:matu-koug:20180322204906j:plain

△通路のすぐ下は孔子廊です。

 

f:id:matu-koug:20180320212748j:plain

△見学・撮影し終わったらそのまま下り、病院の渡り廊下の下を潜ります。この石垣、レンガも歴史を感じますね。

 

f:id:matu-koug:20180320213024j:plain

△またこの溝が素晴らしい! ここは平らな石を敷いてます。

 

f:id:matu-koug:20180320213138j:plain

△で、大きな通りに出ます。進むと孔子廊、逆に進むと階段~最初のオランダ坂に戻ります。

 

f:id:matu-koug:20180320213258j:plain

△途中にある洋館が素晴らしい! コレ、今でも人が住んでる個人宅です。 キレイに維持してらっしゃいます‼

 

f:id:matu-koug:20180320213554j:plain

△その個人宅の前が孔子廊・中国歴代博物館です。

 

f:id:matu-koug:20180320214242j:plain

△おみくじ、参加無料の書写、そして中国式合格祈願もあります。 孔子=学問の神。日本の大宰府よりも効きそう‼ 受験生の皆さん、どうッスか⁉

 

f:id:matu-koug:20180320220018j:plain

△見学・撮影、合格祈願が終わったら左へ。 このまま真っ直ぐ進むと大浦に出ます。

 

f:id:matu-koug:20180320220516j:plain

△大浦もいいですが左に曲がって進んでも面白いです。

 

f:id:matu-koug:20180320221013j:plain

△その前に、この三角溝が素晴らしい! 流れを早くする為だそうです。

 

f:id:matu-koug:20180320221206j:plain

△途中、お風呂屋さんがあります。100年以上の歴史があるらしいです。今でもやってますよ! 立ち寄り湯なんてのもアリかと。

 

f:id:matu-koug:20180320221356j:plain

△そのお隣は教会です。 お風呂屋さんのスグ横ってのがいいッスねw で、そのまま進むと…

 

f:id:matu-koug:20180320221842j:plain

△もう1つのオランダ坂に出ます。 左右で洋と和に分かれてるのがいいッスねw

因みに最近整備の為、一旦敷石をどかして元の戻すつもりがそのまま捨てたとか。上の方はアスファルトになってますよw

 

f:id:matu-koug:20180320222210j:plain

オランダ坂下をそのまま進むと…

 

f:id:matu-koug:20180320222816j:plain

路面電車の終点、石橋電停の横に出ます。

この通り(川)の向こう側が南山手になります。

 

 

ここから先、あとはあなたのフリーダム。

 

石橋電停の徒歩圏内には

 

大浦天主堂グラバー園

ザックリ 大浦天主堂・グラバー園

 

グラバースカイロード

グラバースカイロード~グラバー園 行き方 石橋出発編

 

大浦国際墓地

大浦国際墓地 行き方 大浦出発編

 

があります。

 

折角なんで是非行ってみて下さい‼

 

 

見てくれた皆さん、ありがとうございました!

分からない事があったらコメント下さい!

 

 

松浩G