長崎 アンチ観光アンチ旅

旅好きだけど金がない。ならば地元を旅しようw の精神でこのブログ始めました! 来崎される皆さんの役に立てれば幸いです!

第17回 天満宮二十五社めぐり(天神さまウォーク)

 

f:id:matu-koug:20180309023538j:plain

第17回 天満宮二十五社めぐり (天神さまウォーク)

 

Re 18/11/30

【データ】
松森天満宮 ➡ 出雲神社

歩数  約23、000歩
時間  約7時間30分(お昼休憩含め)

※この日は朝からずっと雨だったので、風頭山にある松姫稲荷神社・笠頭稲荷神社が合祀(ごうし)されている境内内にある祠は危ない…と判断して今回は断念しました。
でもちゃんと1週間後、見に行き撮影しました。

 

おんちゃス。

2018年、2月25日の日曜日に長崎市内で開催された「第17回、天満宮二十五社巡り」(天神さまウォーク)なるものに参加しました。

長崎市内にある天満宮を回って主催者の方から神社の歴史、成り立ちなんかを聞く…というウォーキングでした。

 

今回はその時ザックリ撮った写真を載せます。

ですが、朝早かったのでボーっとしてて何の為に撮ったのか分からない写真の中から厳選したものですのでご了承くださいw

 

皆さん、ご存知の通り天満宮とは平安時代菅原道真(すがわらの みちざね)という人が権力闘争に負けて福岡の大宰府に左遷され、そのまま亡くなったそうです。

 

その後、京で色々災いが起こって、それが道真の祟りじゃ! となった事から、その祟りを鎮める為に作ったのが天満宮だとか。

そんな天満宮長崎市内にもこんだけあるとは知らなかったです。

 

まぁ、このウォーキングは天満宮だけじゃなく、道真公に関係のありそうな場所、日本画、祠(ほこら)なんかも参拝。

中には個人宅にある天満宮もわざわざ公開してもらいました。

 

お昼持参との事だったので、手作りおにぎりとミネラルウォーター1本持って参加したのですが、いくつかの神社で『お接待』←今回そういうモノがあると初めて知った! という差し入れを頂き、結構お腹いっぱいになりました。

ありがとうございました!

 

途中で参拝する「楳香先天満宮」では境内で採れた梅で作った梅酒を頂戴。

これがまた美味かったッス!!

ありがとうございました。

でもかなり強いアルコール度数で、あまりお酒に強くないわたくしは完全に酔っ払いましたよw

後から来た女の子二人組はグイグイやってたケド、大丈夫やったっやろか⁉

 

 

ではさっそくスタートしましょう!

集合場所は松森天満宮です。

 

f:id:matu-koug:20180309033903j:plain

一、「松森(まつのもり)天満宮

ココは長崎の神社でも大御所の長崎三社の1つです。梅は何種類かあり、まだ満開まではいってなかった感じでした。

 

f:id:matu-koug:20180309035114j:plain

二・三、「新大工町(しんだいくまち)」、「今博多町(いまはかたまち)天満宮

松森天満宮に合祀されてます。

 

f:id:matu-koug:20180309035655j:plain

四、「山中(やまのなか)天満宮

長崎一の大御所、諏訪神社の奥にありました。しかしこれは何を撮ったんだ…w

 

f:id:matu-koug:20180309040427j:plain

五、「樺島町(かばしままち)天満宮

個人宅内で普段は非公開。でも連絡すれば見せてくれるらしいです。五島町電車通りのも一つ中の通りにあります。

 

f:id:matu-koug:20180309040909j:plain

追記:こんな感じで普段は閉まっています。

 

f:id:matu-koug:20180309041044j:plain

六、「坂上(さかのうえ)天満宮

ランタン会場で有名な中央公園のすぐソバにあります。

 

f:id:matu-koug:20180309041655j:plain

七、「長崎大神宮(だいじんぐう)」

公会堂通りから眼鏡橋に出る通りにあります。階段を上って二階にある神社です。

 

f:id:matu-koug:20180309042420j:plain

八、「桶屋町(おけやまち)天満宮

ココは個人宅内で普段は非公開。が、連絡すればOKとの事。公会堂跡横の銀行裏にあります。折角開けてもらったのに写真はこれしか撮ってませんでしたw

 

f:id:matu-koug:20180309043046j:plain

九、「伊勢宮(いせのみや)神宮」

大御所、長崎三社の伊勢宮神社にあります。天満宮(祠?)は本社の右側奥です。梅マークは確認出来ず。

 

f:id:matu-koug:20180309043527j:plain

十、「中島天満宮

中島川の横、坂本龍馬の写真で有名な上野彦馬撮影局跡の近く。管理者がいなくなったらしいのでかなり傷んでました。

 

f:id:matu-koug:20180309044354j:plain

十一、「桜馬場天満宮

新大工商店街、シーボルト通りのちょい奥にありました。幕末、あの!有名人が長崎を去る前に立ち寄ったとか何とかw でも多分そうですよ。

 

f:id:matu-koug:20180309045009j:plain

ちと寄り道。「天寿庵(てんじゅあん)」

長崎の創始者、長崎甚左衛門の別荘があったとか。トッポ水とかいうトコの横を上がってスグ。個人宅みたいでしたよ。

 

f:id:matu-koug:20180309045812j:plain

十二、「水神(すいじん)神社」内の祠。

蛍茶屋の先にありました。

ここで初めて「ざぼん」を食す!美味かったッス! 

あと主催者の方が「あら~、モグラのおる!」と言ってましたが私は見つけられず…。

 

f:id:matu-koug:20180309050948j:plain

十三、「松嶋天満宮

蛍茶屋の先にある赤い鳥居がズラ~っと並んでる神社。 

ボケ防止のお地蔵さんがあったので頭をなでてきましたw

 

で、この後竹ん芸で有名な「若宮稲荷神社」へ行き、そこから風頭公園に上ってお昼休憩…って予定でしたが、雨がしとしと降り続き次の予定場所は滑るから危ない、という判断をされたので断念。

そのまま長崎市民会館でお昼休憩となりました。

わたくしは頂いたお接待を食べて飲んでエネルギー再充填完了。

50分程休憩して再出発!

ちなみにここで結構な人数の方がギブアップ、もしくは用事で帰りましたw

 

では後半の前に追記を一つ!

f:id:matu-koug:20181130220539j:plain
十四、「松姫、笠頭稲荷神社」合祀のどちらか。 

梅の紋章と道真公っぽい像があったので恐らくコレじゃないかと。

風頭公園坂本龍馬像の下にあります。

詳しくは来年かなあw

 

では後半に続きます。

 

f:id:matu-koug:20180309051406j:plain

十五、「東古河町天満宮

平成最後の長崎くんち踊り町、東古川町にある天満宮。普段は非公開。鳥居が長崎一古いらしいッス。

 

f:id:matu-koug:20180309055020j:plain

十六、「今篭町(いまかごまち)天満宮

八坂神社内合祀。元は崇福寺通りにあった神社。その後行った元の場所では当時、お世話してた方々からお接待を頂きました。

 

f:id:matu-koug:20180309055919j:plain

十七、「水口(みのぐち)天満宮

しかし、もらった資料を見てもハッキリ場所が分からず。

また来年ですw

 

f:id:matu-koug:20180309055520j:plain

十八、「高野平天満宮」 

他にいくつか八坂神社内には天満宮が合祀されてるらしいですがハッキリとは分かりませんでした。

 

f:id:matu-koug:20180309060935j:plain

十九、「愛宕(あたご)神社」

本社の横にあった祠。この辺、天狗がいたらしいッスw

 

f:id:matu-koug:20180309061311j:plain

二十、「八劒(はちけん)神社」内の祠。 

上小島、高島秋帆宅跡の横にありました。この祠は長崎一大きいらしいッス。

この八劒が読めなかったなぁ。因みにこの反り返った鳥居は古い証拠だそうです。

 

f:id:matu-koug:20180309065801j:plain

二十一、「梅園天満宮身代わり天神」

ここは有名なんでぜひ行ってみて下さい。近くに長崎検番があって三味線のお稽古が聞こえてきたりしていい雰囲気ですよ。

神社自体もなんかセクシーですw

 

f:id:matu-koug:20180309062918j:plain

二十二、「肇劫山(ちょうこうざん)本行寺」

お寺のご自宅内にあった日本画家、狩野胖幽(かのうたんゆう)作の道真公と梅の絵。場所は玉泉神社の正面に見える路地奥の酒屋さんの横を上り、右へ曲がりました。

 

f:id:matu-koug:20180309064130j:plain

二十三、「梅香崎(うめがさき)天満宮

ここは梅ヶ枝餅で有名です。

 

f:id:matu-koug:20180309064648j:plain

なんと管理者さんの粋な計らいで特別に内部を見せてもらいました!

 

f:id:matu-koug:20180309064859j:plain

川原慶賀っていう日本画家の絵「奔馬(ほんば)」←これの読み方分かんなかったッスw 

1836年天保7年に描かれた門外不出なモノで、もう消えそうな薄さでした。

 

f:id:matu-koug:20180309065936j:plain

二十四、「楳香崎(うめがさき)神社」

先程の梅香崎とは字が違います。楳図かずおの楳です!って主催者さんが強調しておられましたw 

で、お接待に頂いた梅酒、美味しかったけどかなりの度数でした!!

場所は中華街、港公園近くのコンビニから梅香崎郵便局横の階段を上ります。

 

f:id:matu-koug:20180309070341j:plain

そしてラスト! 二十五、「出雲(いずも)神社」

大浦、石橋電停から真っ直ぐ進んで大きな道を右に曲がります。そのまま上っていけば着きますよ。

この下の通りに花街があったとか。実際鳥居に店名が書いてありました。

最後は地元の方々から公民館でお接待を受け、主催者の方から終わりのお話があって自由解散となりました!

 

 

こういうウォーキングって服装大事ですね。

他の皆さんは慣れた方々ばかりでしたので、マウンテンシューズに雨用の服装でした。

実はわたくし、たまたま雨が降ってたのでラフなカッコで参加しましたが、晴れだったらスーツに革靴で参加するつもりでしたw

 

同じ日、長崎はランタンフェスティバルで盛り上がってましたが、このウォーキングはそれと全く関係なかったのが良かったです。

来年も同じ時期に開催されるらしいので、ランタンフェスティバルに来られた際には1日余裕を持って参加してみてはいかがですか⁉

 

主催してくれた山口さん、一番最後から見守ってくれた松森天満宮の方、他関係者の皆様、ありがとうございました!

そしてお接待をして頂いた各神社関係者の皆さん、ありがとうございました!

美味しい高級お茶にお菓子、ジュースに飴にチョコレート、度数の高い手作り梅酒は疲れた体にバッチリ、最高でした!

 

そして参加して一緒に歩いた皆さん、お疲れ様でした!

中には主催者の方や神社の方も知らない様な事を知ってる人もいました。

何してる人なんだろう。でももっと話を聞けばよかったなぁ。

長崎市が計画しているmice計画の裏話なんかヤバかったッスw

来年も参加したいと思ってますんで、また元気にお会いしましょう!

 

最後に。

お接待を断る・残す・遠慮する…ってのは先様に大変失礼な行為になる、

という事を勉強しました。

 

来年参加できたらより詳しくレポートします!

 

松浩G